ケノンはほくろに照射しても大丈夫?方法や脱毛について

家庭用脱毛器のなかでも幅広い層から支持されているケノンですが、ほくろに光を当てると「痛い」「取れた」「増えた」など多数の口コミが見られます。

そこで今回は、フラッシュ式脱毛器のケノンはほくろに使えるのか?という疑問について徹底的に調査。

ほくろに照射する際の対処法やリスク、ほくろがある肌への美顔器の使い方などを詳しくご紹介いたします。

家庭用脱毛器ケノンはほくろに照射できる?


引用:ケノン公式サイト

ケノンの顔脱毛はほくろがあったらできない?

ケノンはサロン脱毛でも採用されているIPL脱毛方式なので、顔を含めた全身どの部位もほくろへの照射が禁止です。しかし、ほくろを避ければOKのため、脱毛自体ができないということはありません。

そもそもIPL脱毛は、黒色(メラニン)に反応する光を照射して毛根にダメージを与えるという仕組みです。ムダ毛の毛根だけを選んで作用させることはできないので、ほくろを含めた色の黒い箇所すべてに反応してしまいます。

ほくろへの照射で毛根ではなく肌に刺激を受けるので、肌を傷つけてしまう可能性があり、肌より色の濃い箇所は照射が禁止されているのです。

クリニックの場合は小さいほくろや色の薄いほくろであれば照射される場合もあり、万が一のトラブルには常在している医師が対応してくれます。しかし家庭で行う場合は自己判断となるのでリスクが高くなるでしょう。

ケノンは家庭用脱毛器でクリニックのように毛根を破壊するほどの出力はありませんが、最大レベルではサロンに匹敵する威力を持っているので、肌トラブルを回避するためには無理な照射は控えるのが賢明です。

ほくろがあっても対策をすればきちんと脱毛が行えるので安心してくださいね。

ケノンがほくろに当たるとどうなる?

火傷する?

ケノン公式サイトにはほくろの照射について以下のように記載があります。

フラッシュは黒い色に吸収される特性があります。ホクロやシミなど色素が濃い部位への照射は、火傷の原因になりますので使用しないで下さい。
引用:ケノン公式サイト

脱毛のフラッシュライトは毛根にダメージを与えるほどの熱をもちます。そのため大きいほくろや色の濃いほくろに照射すると毛根にダメージを与えるのと同じように反応し、その熱によって火傷してしまうこともあるのです。

火傷をしてしまうと通常の火傷と同じように症状があらわれます。

火傷した場合の症状
・肌の赤み
・ヒリヒリ、ピリピリなどの刺激
・水ぶくれ

赤みや刺激を感じたら流水などで冷やすようにしましょう。もし痛みが消えなかったり水ぶくれなどが出来るようであれば専門医に相談するようにしてくださいね。

また、ほくろに照射するとかさぶたとなることもあります。脱毛ではよく「焦げる」と例えられ、高出力の照射で起きる現象です。

通常はクリニックで行うような威力の強い脱毛で起こり、家庭用脱毛器で起こることはほとんどありませんが、ケノンでもかさぶたになったという口コミが見られています。

火傷は脱毛を行ううえで切り離せないリスクのひとつ。ほくろ以外にも、すでに軽い火傷状態にある日焼け肌に照射してしまうと肌トラブルの原因となるので要注意です。

痛い?

IPL脱毛ではメラニンの量が多いほど光が強く反応するため、色が黒いほど痛みも強くなります。

ホクロに照射するとレベル4でも痛いです。小さい点のようなホクロをムダ毛の剃り残しと間違えて照射してしまいました。照射した時は針の先端が当たったようなピリッとする痛みを感じ、その後は皮膚の中に熱がこもっているような、じわっと熱い感覚がしばらく残りました。
引用元:楽天レビュー-脱毛器ケノン

ほくろとか傷痕はちゃんとケアしてからしないとレベル3くらいから痛みがでてきました。
引用元:楽天レビュー-脱毛器ケノン

プレミアムカードリッジのレベル10でほくろを誤って照射してしまったときはかなりの熱さを感じました。要注意です。
引用元:楽天レビュー-脱毛器ケノン

ほくろに照射した人の口コミを見ると、ほとんどの人が痛みや刺激を感じています。またほかにも「ほくろに誤射して悶絶」、「ほくろへの照射が一番痛かった」などの声も見られました。

痛みの感じ方には個人差がありますが、それなりの大きさがあるほくろは痛みや熱さを感じるでしょう。出力が強くなればなるほど痛みも大きくなるため、高レベルでの照射はとくに気を付けることが大切です。

痛みが強すぎる場合は火傷などの肌トラブルも生じている可能性があるので、アフターケアをしたり専門医に相談するなどしかるべき処置を行ってくださいね。

増える・濃くなる?

脱毛によってほくろが増える、濃くなるという話もたまに耳にしますよね。しかし、ほくろが増えるのは紫外線やホルモンバランスなどが原因です。

脱毛に使われるレーザー、光は紫外線ではないのでほくろが増えるということはありません。では、ほくろが増えた思うのはなぜでしょうか?以下の理由があげられます。

脱毛でほくろが気になる主な理由
・ムダ毛がなくなり目立つようになった
・脱毛をして肌を注視する機会が増えた
・たまたまほくろが出来た時期だった
・ほくろに照射してかさぶたになった

脱毛してほくろが増えたと感じるのは実はほとんどが勘違いだと言われています。脱毛によって今まで気にしていなかったほくろが見つけられたことが大きな理由ですね。

色が濃くなることに関しては原因としてかさぶたやシミがあげられます。一見濃くなったように思ってしまいますが、かさぶたの場合は剥がれれば消えるか元に戻るので安心していいでしょう。

もし脱毛して明らかに増えるようであれば、それは脱毛が原因ではなくがんなどの皮膚疾患の可能性があるので専門医に相談することをおすすめします。

逆に脱毛でほくろが薄くなった、消えたという話も聞きますよね。これは医療脱毛でたまに起こる現象で実際にあり得ることです。

ほくろを除去するレーザー治療と脱毛では出力等が異なりますが、レーザー脱毛の光がメラニンに働きかけるため小さいほくろや薄いほくろであれば色が薄くなる、または消えることがあるのです。

ただし、ほくろ除去を目的としていないので必ずしも消えるわけではありません。また、医療脱毛に限ったことなので家庭用脱毛器ではルールを守って照射してくださいね。

色素の薄いほくろや小さなほくろはそのまま照射することもできますが、はっきりとした色の濃いほくろ、大きなほくろは隠すのがおすすめ。

ほくろを隠すアイテム
・シール
・絆創膏
・サージカルテープ
・コンシーラー
・修正液

ほくろを避けて照射する手もありますが、最初に対策しておけば照射漏れなく安全に脱毛することができます。

▼シール▼
一番使われている方法がシールです。シールは医療脱毛やサロンでも使われていて、100円均一に売ってあるような白くて丸い小さなシールがベスト。ひとつひとつが小さくすぐに貼れて剥がせるのが魅力です。

▼絆創膏▼
わざわざ買いに行かなくても家にあるという人が多いのが絆創膏。肌にやさしく剥がす際も痛くないのがいいですね。また好きな大きさにカットできる点も◎です。

▼サージカルテープ▼
絆創膏と同じように肌にやさしいサージカルテープ。好きな大きさにカットしやすく、一個買っておけば長く使えます。サージカルテープは白い布タイプのものを選んでくださいね。

▼コンシーラー▼
シールやテープ等ではカットしても大きすぎるという時はコンシーラーがおすすめ。ほくろのみをピンポイントで隠せるのでホクロ周りだけ脱毛できなかったという難点を回避します。使うならほくろをしっかりと隠せる厚みのあるタイプを選ぶとよいでしょう。

▼修正液▼
コンシーラーでは剥がれやすいという声もあり修正液を使う人もいます。真っ白なので脱毛に使うことはできますが、元々肌に塗るものではないので可能なら違うものを選ぶのがおすすめですよ。

コンシーラーと修正液はその後にふき取る手間があるので人気はやはりシールタイプ。どれを選ぶにせよ、肌より白いもので隠すのが条件ですよ。

逆に肌より濃いものを使うとフラッシュが反応してしまうので注意しましょう。

ほくろが多い人はどうする?

一番いいのはほくろが多くてもひとつずつ隠していく方法です。シールだと大きすぎるという場合は、細かく隠せるコンシーラーがおすすめですよ。

それでもカバーが難しいなら、出力を下げてケアするという方法もあります。もっとも弱いレベルでお手入れすれば痛みや火傷のリスクも少なく、まんべんなくケアができるでしょう。

ただし、この方法は完璧自己責任となるうえ、低出力の場合は脱毛効果があまり期待できないのでやはりおすすめはできません。肌トラブルがあった場合は速やかに医師に相談する必要があります。

ケノンでほくろ自体の毛は脱毛できる?


引用:ケノン公式オンラインショップ

ほくろが多すぎて脱毛できない人やほくろに生えている毛を脱毛したい人はその部位だけサロンやクリニックで脱毛するのがより安全で確実な方法です。

ほくろも対応可能な脱毛法
・SHR脱毛
・針脱毛(ニ―ドル脱毛)

SHR脱毛は光脱毛の一種で、毛をつくる司令塔のバルジ領域という部分に弱い熱を繰り返し当てることで脱毛を行います。

ケノンは毛根にダメージを与えるIPL脱毛なのでほくろはNG。しかし蓄熱式のSHR脱毛ならメラニンに反応する脱毛方式ではないためほくろや色の濃い部位への照射が可能です。

IPL脱毛よりも効果は遅くなりますが、痛みも少なく取り入れるサロンが急増中しているので導入店を見つけやすいでしょう。

また、電気針を使用する針脱毛(ニ―ドル脱毛)をほくろがあっても脱毛可能です。毛穴自体に直接針を誘て電流を流すためほくろ周りはもちろん、ほくろ上もきれいにムダ毛ケアが行えます。

ニ―ドル脱毛の場合はレーザーや光では反応しづらい産毛も処理できるのでフェイス脱毛にもぴったりです。

お値段は少々高いのが難点な針脱毛(ニ―ドル脱毛)ですが、部分的な脱毛なら費用も抑えられるのでおすすめ。ケノン+クリニックまたはサロン脱毛で気軽でコスパのいい脱毛ができるでしょう。

ケノンの美顔器モードはほくろも大丈夫?

ケノン美顔器!ほくろの照射はどうする?

ケノンは家庭用脱毛器でありながら別売りのスキンケアカートリッジに切り替えることで美顔器としても使用することができます。

ケノンに搭載されているIPLの光はフォトフェイシャルとも言われ、美容外科でシミ治療に使われたりエステサロンの美顔ケアにも用いられているのです。

医療用の出力には及びませんが、エステサロンのフォトフェイシャルとはほとんど同じと言われており、さまざまな美肌効果が期待できます。

美顔器で使用されるフラッシュもメラニンに反応する性質を含むIPLなので、たとえスキンケアカートリッジを使っても脱毛と同じくほくろへの照射はできません。

はっきりとした黒いほくろ、立体感のあるぷっくりとしたほくろはシールやコンシーラー等でカバーしてから使いましょう。

ただし小さくて目立たない程度のものであれば照射しても大丈夫としているユーザーもいます。家庭用脱毛器は出力が弱めなこともあり小さいほくろはスルーして使っているようです。

口コミを見ると、ほくろへ照射した人からは「照射したら取れた」「ほくろが消える」などの声もあります。IPLの光はメラニンの排出を促す作用がありますが、ほくろに関しては反応して炎症を起こしてかさぶたとなり、運よく剥がれ落ちた可能性もあるでしょう。

しかし、ほくろへの照射は原則NG。ケノンはほくろを取る機械ではないのでリスクが大きくおすすめはできません。顔の肌は大変デリケートなので慎重な判断を行ってください。

脱毛用カートリッジとスキンケア用カートリッジは同じレベルに設定しても出力などが異なります。間違えて脱毛用で照射すると逆に炎症による色素沈着のおそれがあるので、説明書に則って使用してくださいね。

ケノン美顔器で期待できる効果
・ターンオーバーの促進
・シミ、そばかすの改善
・たるみ改善、リフトアップ
・小じわ・毛穴の改善
・赤ら顔の緩和

IPLにはメラニンを吸収する波長が含まれていて、過剰に生成されたメラニンに作用する働きがあります。色素沈着のもとであるメラニンの排出を促してくれるので、シミやそばかすにも有効とされているのです。

肌のターンオーバーやコラーゲンの再生をも促すため、肌のくすみ改善や、たるみ毛穴の改善など幅広い肌悩みを解消へと導いてくれますよ。

美顔用の方も感動です!使ったのその日のうちに顔がふっくらして、若返ったって感じ。顔に点々としていたシミたちも、回数を重ねるうちにどんどんキレイになっていき、今はお化粧もしていないのに美白!になりました。ケノンで本当に人生が変わりました。
引用元:楽天レビュー-脱毛器ケノン

私は40代で毛穴がダルダル。しみも沢山あるのですが、週1度スキンカートリッジを使用したらまだ3回目なのに、明らかに肌に透明感とシミが薄くなり、毛穴もしまっています。
引用元:楽天レビュー-脱毛器ケノン

美顔器として使ってみた人の口コミでも「シミが薄くなった」「シミが消えた」などの声が見られました。また、そこまで劇的な変化はなくても、多くの人が美顔器の効果に満足しているようです。

フォトフェイシャルケアを行うことでメラニンの生成を抑制するので、シミやそばかすができやすいという人は定期的なお手入れをしておけば予防にもなるでしょう。

スキンカートリッジは照射面積が4.5㎠なので、小回りが利くサイズ。光は広範囲に照射されるため顔全体をお手入れすることが可能です。また顔だけでなく体にも使えるので全身をトリートメントしたいという人にもおすすめですよ。

ただ、多くの肌悩みをサポートするケノン美顔器ですが濃すぎるシミや肝斑はNG。とくに肝斑は適切な処置をしないと悪化してしまうので注意が必要です。薄めのシミやちょっとしたそばかす、肌のくすみを改善したい人におすすめの家庭用美顔器でしょう。

ケノンほくろのまとめ


引用:ケノン公式サイト

家庭用脱毛器のケノンは、メラニンに反応するIPL方式の光脱毛のためほくろへの照射はできません。また、色の濃いシミやあざなど、肌より濃い箇所への照射もできないのでシールやコンシーラー等で隠してからケアを行いましょう。

もしほくろ周りやほくろ毛も脱毛したいなら、メラニンに左右されないSHR脱毛やニードル脱毛との併用がおすすめ。ケノンと組み合わせることでコスパに優れたケアが行えますよ。

美顔モードでもほくろへの照射はNGですが、薄いシミやそばかすなら改善も期待できます。ただし、使い方によっては要注意なので自己判断せず安全に美肌ケアを行ってくださいね。

  • ケノンを含むIPL方式の光脱毛はほくろに使えない
  • 色の濃い部分の照射も火傷や肌トラブルの原因に
  • ほくろを照射するときは白いシール等で隠す
  • ケノンの美顔器でもほくろに照射はできない
  • シミ・そばかすの改善は期待できるが肝斑はNG
  • 医療脱毛の場合はほくろが消えることもある

ケノンはほくろ除去を目的としていないので間違った使い方はしないように気を付けましょう。スキンケア用カートリッジを使えば脱毛後の肌がよりツルツルになれるので、気になった人はぜひチェックしてみてださいね♪
ケノン公式サイトはこちら

ケノンの口コミや効果についても知りたい人はこちらの記事も参考にしてください。

⇒ケノンの口コミ/脱毛器(家庭用)の評判とレビューについて

コメント

タイトルとURLをコピーしました